NOS EBISUの12周年イベントにてベテランDJと新鋭ライブ・アクトが共演

July 14,2016 | Category :  Event News | Tag :  Akeem the Dream, B.D., BLACKBOND, cherry chill will, IO, MACKA-CHIN, MURO, NOS EBISU, Ryozo Obayashi, SANABAGUN.,

NOS-EBISU-12th

DJ陣にMURO、MACKA-CHINら、ライブ陣にKANDYTOWNのIO、B.D.、SANABAGUN.らが参戦

恵比寿の唯一無二なダイニング・バー、NOS EBISUの12周年を記念したスペシャル・アニバーサリー・パーティーが7月31日(日)に開催される。掲げられたテーマは、“REBORN(再生)”。NOS EBISUがこれまで培ってきたことを未来へと受け継ぎながら、新しいカタチを体現する — そんな意志が込められたパーティーとなる。

出演ラインナップにはDJ、ライブ、アートなどのシーンにおいて、その発展に貢献してきたベテランと最先端を牽引している気鋭の才能が集う。ライブ陣としては、日本のヒップホップの中核を担うラッパーB.D.と、MUROのプロデュースで去年7インチ・デビューを果たしたファンク・ベーシスト、大林亮三のふたり、現在大いに脚光を浴びている人気ヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのメンバーにして今年ソロデビューを果たしたMC、IO、そしてジャズの様式でヒップホップ・スピリットを体現するストリート上がりのバンド、SANABAGUN.という、今注目すべき才能が揃う。なお、SANABAGUN.のライブではバンドの演奏によるフリースタイル・セッションが繰り広げられる予定であり、イベント参加ラッパーはもちろん、スペシャル・ゲストもマイクを握る可能性があるため要チェックである。

DJ陣としては、ビート・ディガー/DJとして音楽好きを虜にし続けているだけでなく、プロデューサー、そしてシーンのベテランとして若手を積極的にフックアップするMURO、NITROの中心人物でありプロデューサー/DJ/ラッパーとして独自の地位を築いてきた才人MACKA-CHIN、HECTICのデザイナーを経て、ファッション/ミュージック/アート界など多岐にわたって活躍するAkeem the Dream、そしてDaBookUDAという、次世代を担う才能あふれる期待のDJ達が登場する

司会進行は、NOS EBISUのイベントではおなじみである名MC、ZEN-LA-ROCKが担当。ニューEP「ぼくの夏休み2016」を近日リリース予定であり、当夜もかなり盛り上げてくれることだろう。

ライブペイントでは、BLACK BELT JONE DCTADAOMI SHIBUYANOVOLの3人によるアート集団BLACKBONDと、写真家cherry chill willのコラボが実現。同会場では現在4人によるアートエキシビジョン”REBORN”が開催されており、「再生=再構築」をコンセプトにこれまでBLACKBONDのメンバーがイベントで生み出してきたライブペイント作品を素材とした再構築アートや、昨年急逝したD.L a.k.a BOBO JAMES/DEV LARGEの写真(cherry chill will撮影)をサンプリングし、BLACK BELT JONES DCの世界観に落とし込んだコラボ作など、趣向を凝らした作品がNOS EBISUの店内を彩っている。その最終日となる7月31日に行われる今回のアニバーサリー・イベントでは、そんなサンプリング精神に溢れたアート・コラボレーションがリアルタイムで行われる上、cherry chill willが撮り下ろした”King of Diggin MURO”と”D.L/DEV LARGE”の初公開写真も追加展示される。

NOS EBISUらしいブラックなサウンドで溢れるだけでなく、今後の東京のミュージック/アート・シーンの行方をも占うことができる、スペシャルな夜になりそうだ。

EVENT INFORMATION

NOS EBISU 12th ANNIVERSARY PARTY “REBORN”
-Our favorite bourbon Maker’s Mark-

  • (日)
  • NOS EBISU
  • 17:00 OPEN / 23:00 CLOSE
  • ¥2.000-/1 Maker’s Mark Drink
LIVE
  • SANABAGUN.
  • B.D. & Ryozo Obayashi
  • IO (KANDYTOWN / BCDMG)
DJ
  • MURO
  • MACKA-CHIN
  • Akeem the Dream
  • DaBook
  • UDA
MC
ZEN-LA-ROCK
ART & LIVE PAINT
BLACKBOND x cherry chill will

INFO

NOS EBISU (ノスエビス)
  • 〒150-0022
  • 渋谷区恵比寿南2-3-14コンツェ恵比寿B1F [map]
  • TEL: 03-5773-1727

予約受付は NOS EBISU オフィシャルHPの予約フォームにて先着順でお受けいたします。http://nos-ebisu.com/contact/

お名前、電話番号、予約人数(上限2名まで)、最後に「REBORNライブ希望」と必ず明記の上お申し込みください。当日券もご用意する予定でおりますが、規定人数に達した場合は販売されない場合がございますので、ご了承の程何卒宜しくお願い申し上げます。

More Info: NOS EBISU

EVENT INFORMATION

BLACKBOND & cherry chill will Exhibition “REBORN”

BLACKBOND-CCW-exhibit
  • (木) – (日)
  • NOS EBISU
  • BLACKBOND x cherry chill will
BLACKBOND PROFILE
BLACKBOND

ブラックカルチャーに多大な影響を受けた「黒いつながり」をもつBLACK BELT JONES DC、TADAOMI SHIBUYA、NOVOLによって発足された変幻自在な黒いアートムーブメント集団。結成直後からMTV presents SOUL CAMP、Mighty Crown presents SUMMER BLOCK PARTYなど大型フェスに連続してライブペイントで出演。三者のBLACKな個性がBOND(繋ぐ)されたクロスオーバー感覚に注目が集まる。

BLACK BELT JONES DC

1973年東京都出身。アートディレクター、デザイナー/reversal.dogi.desugn.works(rvddw)ディレクター。グラフィックワークをベースにCDジャケット、アパレルブランドのテキスタイル、店舗壁画、フェスやレセプション等でのライブペインティングを行っている。ディレクターを務めるブランド 「rvddw」では企画からデザインまで全てのデザインを担当し武道・スポーツと黒い世界観をクロスオーバーさせている。
http://www.bbjdc.com

TADAOMI SHIBUYA

1973年横浜市出身。直線的に再構築する世界感を持つイラストレーター/アーティスト。その独自のスタイルで数々の世界中の企業とのコラボレーションやクライアントワークを行っている。東京、バンコクでの個展や、ロンドン、NY、LA、台北などで数々の展示に参加、表現の場は国内外、ジャンルを問わず多岐に渡る。
http://tadaomishibuya.blogspot.jp

NOVOL

1979年生まれのペインター、デザイナー。JAZZに衝撃を受け絵を志す。以来、人間と音楽の漲る関係を人間性溢れる顔をベースに描き続けている。インプロビゼーションさながらの画力とスピードはインパクト絶大。様々なコラボレーション、店舗内外装壁画やライブペインティングで国内外からNYへ招聘などで活動の幅を広げている。
www.novol.jp

cherry chill will PROFILE
cherry

1978年青森県八戸市出身。写真家。レコードショップ「CISCO RECORDS」で98年から08年までスタッフ/バイヤーとして勤務後、独学で写真をはじめ2009年より本格的に活動を開始。HIP HOP,Reggaeの現場を中心に国内のアーティスト/DJは勿論、海外DJ/アーティストの来日ライブを多数撮影。数々のビックイベントや国内外のアーティストによるジャパンツアーBillboard Live Tokyoのオフィシャルフォトグラファーも務めるなど現在も多くのミュージシャン、アーティスト達を撮り続けている。またCDジャケットやアーティストフォト、スタジオセッションも多数手掛ける。ストリートファッション方面からの支持も受け国内外のブランドカタログ撮影を担当するなど多角的に活動の場を広げる「現場叩き上げ」の写真家。
http://cherrychillwill.com

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>