Osaka Monaurail – RIPTIDE

July 11,2014 | Category :  News | Tag :  

オーサカ=モノレール、3年振り8枚目のアルバム『RIPTIDE』をリリース

今や現代における世界最高峰のFUNK グループのひとつに数えられるオーサカ=モノレールが、シーンに喝!をいれる原点回帰のザ・FUNK アルバムを完成させた。リップタイド(潮流が衝突して生ずる荒波)を起こすべく、立ち上がるFUNK 侍8人衆。ヨーロッパを中心に各国の音楽祭やクラブ・シーンを巡業して多忙を極めるなか、2014年春、中国・オーストラリア・ニュージーランドを廻るツアーの合間をぬって制作されたのが通算8枚目となる本作。6曲のオリジナル曲に加えて、カバー曲には、ジェイムズ・ブラウンの「The Drunk」、Cliff Nobles & Co. の「The Horse」といった大定番ナンバーを取り上げている。また、2012年に亡くなったマーヴァ・ホイットニーを弔うため、1968年の「Ball of Fire」のピアノ・バージョンを収録。ファンク・バンド Q.A.S.B. のAmy A がゲスト・ボーカルで参加。共同プロデュースには、バージニア州リッチモンドを拠点に構えるDJ Pari を迎えている。オーサカ=モノレールは今夏のFUJI ROCK FESTIVAL やSUNSET LIVE に出演するほか、秋にはワールド・ツアーの開催も決定している。詳しくは www.osakamonaurail.com まで。

Osaka Monaurail
RIPTIDE

release date : 2014.08.13 (wed)
label : SHOUT!
cat no. : SHOUT-280
price : 2,300yen (+tax)

01. The Drunk…..2:41
02. (She’s A) Riptide…..5:11
03. The Horse…..3:31
04. Fruit Basket…..6:13
05. Calinga…..5:00
06. Determination…..4:28
07. Solar Eclipse…..5:28
08. Liberty…..7:21
09. Ball of Fire…..2:38

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>