PARADISE BANGKOK IN TOKYO

March 13,2014 | Category :  News | Tag :  

約3年ぶりにMAFT SAIとFINDERS KEEPERSの盟友CHRIS MENISTとのコンビで日本来日決定。3月22日(土曜日)はアフリカ・スペシャル、3月23日(日曜日) はタイ東北地方の民謡モーラムに焦点を当てたパラダイス・バンコク・スペシャルを披露。場所は両日馴染みの新宿 BE-WAVE。

PARADISE BANGKOK IN TOKYO ~AFRICA SPECIAL~

3月22日(土曜日)
新宿 BE-WAVE B1F

OPEN : 18:00-LAST

CHARGE : 2,500円 (22日,23日の2日間通し券 3,000円)

※ご来場お客様はお店にドリンクオーダーください。

※再入場可。出入り自由。

■DJ

MAFT SAI & CHRIS MENIST (PARADISE BANGKOK SET)

CHRIS MENIST (SPECIAL AFRICA SET)

SOUL BONANZA SOUNDSYSTEM (TOKYO SABROSO)

YOSUKE (BAOBAB,TOKYO SABROSO)

HARAJUKU WARRIORS (YASUHIRO MORI & DAISUKE KINOSHITA)

KOICHI TSUTAKI

 Soi48パーティーでも大好評だったアフリカ音楽に焦点を当てた『AFRICA SPECIAL』。MAFT SAI&CHRIS MENISTもその発掘ブームが起こる前からレコードを集めていた。世界各所のパーティーでSOUNDWAYのMILES CLERETやANALOG AFRICA、VOODOOFUNKなど世界最高峰のアフリカ発掘レーベルと共演。その膨大なコレクションをアフリカに焦点を当てたスペシャル・セットで今回披露決定。トロピカルという言葉と一味違う彼ら独特の暗く、深い、サイケ色強いアフリカ音楽の世界観を是非体感してほしい。日本からはアフリカ音楽のスペシャリストDJ陣が参戦予定。

PARADISE BANGKOK IN TOKYO ~MOLAM SPECIAL~

3月23日(日曜日)

新宿 BE-WAVE B1F

OPEN : 18:00-LAST

CHARGE : 2,500円 (22日,23日の2日間通し券 3,000円)

※ご来場お客様はお店にドリンクオーダーください。

※再入場可。出入り自由。

■DJ

MAFT SAI & CHRIS MENIST (PARADISE BANGKOK SET)

MAFT SAI (SPECIAL LONG SET)

KUNIO TERAMOTO aka MOPPY (SPECIAL TURKISH & GREECE SET)

MOOD YAMA

SOI 48 (KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)(80S MOLAM SET)

 MAFT SAI&CHRIS MENISTと言えばタイ音楽。そしてSoi48パーティーでもお馴染みのタイ東北部イサーン地方の民謡モーラムのスペシャリストでもある。来日の翌週にバンコクにて開催される本場PARADISE BANGKOKであの有名女性モーラム歌手とスパンブリ地方の伝統音楽ラムタット達人(近日正式発表)を招いて披露される予定のPARADISE BANGKOK SPECIAL LONG SETを一足早く披露予定。そしてこれまた近日正式発表予定の新作リイシュー(モーラムの歴史的1枚)の発売記念パーティーもかねちゃいます。タイ、アジア、アラブなどめったに聞けないレコードが沢山披露される事になるでしょう。

MAFT SAI
 バンコクのKING OF DIGGINことMAFT SAI。流行の移り変わりが早くレコードが完全に人々から忘れられたタイという国の中で、唯一逆行して60年代から80年代初期のLPと7インチを収集するタイ人DJ。米国の最先端レーベルDUBLAB、STONES THROWとも交流し、UKの人気レーベルSOUNDWAY、FINDERS KEEPERSからのリリースを手掛けるほか、タイ国内ではアンカナー・クンチャイ、ダオ・バンドンなど70年代に活躍したスター歌手と共演し、自国の文化の保存と古き良きタイ音楽の紹介につとめている。その注目度は東南アジアで高まる一方であり、タイはもちろんベトナム、インドネシアでもレギュラーイベントを持つ。
今年の夏には新作MIXとモーラム・コンピの再発、そしてバンドを率いたヨーロッパ・ツアーが予定されている。

CHRIS MENIST
 ロンドンの老舗レコード店SOUL JAZZ、良質DEEP HOUSEを生み出したレーベルNUPHONICで仕事をしていたイギリス人CHRIS MENISTだが、その輝かしい音楽経歴の中で一際光るのが、辺境グルーヴ発掘レーベルFINDERS KEEPERSによるパキスタンの映画音楽『SOUND OF WONDER』のコンパイル。そしてSOUNDWAYからリリースされたタイ音楽の名コンピとの呼び声高い『SOUND OF SIAM』のリリースだ。現在MAFT SAIと共にPARADISE BANGKOKレーベルを運営し新たな価値観のワールド・ミュージックの布教に努めている。英国の名門誌WIRE、GUARDIANにも連載を持つ歴史や文化背景まで精通している音楽博士の特別DJ授業は見逃せない。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>