ジョージ・クリントンのソウル時代とファンク時代を比較した、ジェフ・チェアマン・マオのミックスが公開

June 29,2015 | Category :  News | Tag :  George Clinton, Jeff "Chairman" Mao,

pre-funk-p-funk

 
ニューヨークを拠点にするライター/DJのジェフ・チェアマン・マオの新しいミックスが、Red Bull Music Academyより配信された。『Pre-Funk VS. P-Funk』と題された同ミックスは、ザ・パーラメンツを始めとする、ジョージ・クリントンが60年代に作曲したソウルの曲と、その同じ曲を70年代になってからファンカデリックやパーラメント名義でカバー/再解釈したバージョンを、交互にかけた内容になっている。10年以内の期間で、モーター・シティ・サウンドがいかに銀河系Pファンクへと変化したのかが解るミックスだ。
 

 
トラックリストの公開はないが、Egotripland.comのページの上部にあるギャラリーには、曲順にレコードのラベル/ジャケ画像を公開している。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>