Red Bull Music Academy Paris 2015の参加者が発表。日本からは2名参加

July 06,2015 | Category :  News | Tag :  Red Bull Music Academy,

rbmaparis2015

 
世界を旅する音楽学校、Red Bull Music Academyの2015年度の参加者が明らかになった。
 
Red Bullが主催する期間限定の音楽学校、Red Bull Music Academyは、毎年選ばれた都市にて一ヶ月間開催され、参加者は著名アーティストたちの貴重なレクチャーやワークショップを受講し、一流の機材を使用しての音楽制作や、他の参加者とのコラボレーションをする機会を得る。去年は初の東京の開催となったが、2015年はパリでの開催となる。
 
4509通に及ぶ応募者の中から厳選な審査により選ばれた今年の参加者は37ヶ国61名であり、プロデューサー、DJ、演奏家、ボーカリスト、作曲家などが含まれる。彼らの作る音楽のジャンルはモダンクラシカルからジューク、ベッドルームポップ、R&B、シューゲーザー、テクノ、インストルメンタル・ヒップホップ、パワーエレクトロニクス、アンビエント、ジャズ、IDM、ドローン、フューチャーベース、ディスコ、ドラム & ベースまで幅広い。Red Bull Music Academy Parisは2015年10月25日から11月27日まで、パリのLa Gaite lyrique(ゲテ・リリック)にて開催され、期間中はパリの各地のクラブや各種会場で一般客も参加可能なイベントが多数開催される。また、RBMA Radioも期間中様々なプログラムを配信する。
 
17年の歴史を誇るRed Bull Music Academyは過去にフライング・ロータス、ハドソン・モホーク、アロエ・ブラック、オンラ、トキモンスタらを輩出しており、日本からはKez YM、sauce81、Yosi Horikawa、Daisuke Tanabe、Emufuckaといったアーティストが卒業している。今年は、日本を代表してSapphire Slows (サファイア スロウズ)とCrystal / Sparrows(クリスタル / スパロウズ)が参加するが、今後目の離せないアーティストとなることだろう。今年の61名の参加者の詳細はオフィシャルサイト(英語)にて紹介されている。
 

 
Sapphire Slows (サファイア スロウズ)
Sapphire Slowsは、プロデューサー、DJ、シンセ/キーボード奏者など、あらゆる肩書きを持つ万能アーティスト。さらにトラックにのった瞬間、影のような質感がさらに深みを増すまるでドローンのような、印象的な彼女のボーカル。2011年、日本を襲った東日本大震災が残酷な覚醒ともなり、音楽におけるキャリアを求め続けることを決心。現在、北米、ヨーロッパ、中国、日本にてツアーを行いながら、日本の<Big Love>やLAの<100% Silk>からも作品をリリース。2014年のアルバム『Allegoria』では、物憂げなもやの中を彷徨うような曲から、耳障りでイライラとさせるものや、クラウトロックと調和したものまでその才能を遺憾なく発揮している。ディギング狂で、良い意味でノスタルジアに無関心。自身の明確な夢こそが、SapphireSlowsの音楽を未来に根付かせることになるのである。

 
———————–
Crystal / Sparrows(クリスタル / スパロウズ)
ティッシュ箱とゴムバンドでギターを作り、それを即興で弾いて録音したのが13歳の時。それ以降、三宅亮太は、テープレコーディングに興味を示し、エクスペリメンタル・ポップ・ゾーンへとのめり込んでいった。4人編成バンド、Crystalにおいて、<Warp>の初期作品や、セガのアーケードレースゲーム『アウト ラン』のサウンドトラック、ビートルズのポップなメロディなどに影響を受けた楽曲を制作している。(2014年には<Sound Pellegrino>レーベルのコンピレーション・アルバムに、<Hyperdub>のIkonikaと共作で”Dream Incubation”を提供)彼のソロプロジェクトであるSparrowsは、アバンギャルドなシンセポップを思い起こさせるようなフォークやアンビエントを弄んだ、更に彼の内面に迫るサウンドとなっている。

 
RedBullMusicAcademy.jp

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>