【R.I.P.】Motownのシンガー、ジミー・ラフィンが死去

November 20,2014 | Category :  News | Tag :  Jimmy Ruffin, Motown Records, R.I.P.,

47558.3

Jimmy Ruffin, circa 1967. Motown Records Archives.

 

Motownのシンガー、ジミー・ラフィンが2014年11月17日月曜日にラスベガスの病院で亡くなったことが明らかになった。死因は不明。78歳であった。

彼はテンプテーションズのリード・ヴォーカル、デヴィッド・ラフィンの兄であり、2人は1970年の「I Am My Brother’s Keeper」で共演したことでも知られるが、ジミーが有名になったきっかけは、1966年のMotownヒット、「What Becomes of the Brokenhearted」であった。その曲をきっかけにソロキャリアが軌道に乗り、1980年の「Hold On to My Love」がトップ10入りを果たすまでの間に10曲ほどチャートインした。

「ジミー・ラフィンは素晴らしいシンガーだった」と、Mowotn創始者ベリー・ゴーディーはコメントを発表している。「しかし彼は過小評価されていた。テンプテーションズのリードシンガーであるデヴィッド・ラフィンのほうが目立ち、高い評価を得ていたからだ。ソロ・アーティストとしてジミーは“What Becomes of the Brokenhearted”というヒットを飛ばしたが、これはMotownがリリースした曲の中でも指折りの名曲で、個人的なお気に入りのひとつだ。彼は人間としても素晴らしく、もの静かで謙虚であり、アメリカだけでなく世界中の人々の心に響く音楽を遺した」

 

 

「ジミー・ラフィンはいつまでもMotownの遺産の一部だよ」と、ゴーディーは締めくくった。「彼の家族、友人、ファンの皆様に心からお悔やみ申し上げます」

 

47558.7
Motown Records Archives

 

47558.2
Motown Records Archives

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>