ATCQのファイフ・ドーグが逝去。アーティストらが追悼

March 24,2016 | Category :  News | Tag :  A Tribe Called Quest, Phife Dawg, R.I.P.,

phiferip

ア・トライブ・コールド・クエストのファイフ・ドーグが他界した。

今年に入ってすでに何人か、多くの人々に愛されている音楽家たちがこの世を後にしてしまったが、今度はヒップホップにとって大きな打撃となる訃報が舞い込んだ。80年代後半から90年代において、ジャズを取り込んだサウンドと、ポジティブで遊び心のあるリリックで多くを魅了したヒップホップ・グループ、ア・トライブ・コールド・クエストのメンバー、ファイフ・ドーグことマリーク・アイザック・テイラーが3月22日、45歳で亡くなった。死因は長年患っていた糖尿病による合併症であると発表された。

ファイフは1990年、20歳であったときに1型糖尿病と診断されている。「Oh My God」では、自身のことを「ファンキーな糖尿病持ち」と呼び、ネタにしていた。2008年には、腎臓移植手術を受けている。

落ち着いたトーンでラップする天才肌のQティップに対して、ファイフは人間味溢れるキャラで、メタファーやパンチライン豊富のエネルギッシュなラップをすることで知られた。また、ふたりの阿吽の呼吸の掛け合いは伝説的であり、影響を受けたアーティストは数多い。


メンバーの死を受け、ア・トライブ・コールド・クエストのオフィシャル・サイトに声明文が発表された。

「心が重く、とてつもなく悲しい。人生は儚いとわかっていますが、これには心の準備ができていなかった。彼の健康状態や闘病生活のことは周知の事実でした。しかし、喜び、幸せのために闘うことが彼の原動力になっていました。彼の家族を、彼自身を、そして彼の周りの人々を幸せにするために闘うことに、彼は完全なる歓びを見出していました。この世を去ってしまうまで。

僕らは彼の家族を愛している。彼の母親、父親、息子、妻、姪たち。ここニューヨークや、アトランタ、カリフォルニア、そしてトリニダードにいる彼の家族全員。

ファンの方々、アーティストの方々、音楽メディアやブログ、ラジオ、DJ、SNSでの追悼の言葉や支援に、心から感謝します。このことに彼もきっととても喜んでいることだろう。彼の家族も深く感謝しています。彼の音楽における貢献は計り知れない。みなさんが彼に影響を受けたように、僕らも彼にはとても影響を受けました。彼の日々の元気と強さには、とても勇気づけられました。彼が最期まで感じていたのは、痛みではなく、歓びです。

彼はいま、彼の祖母のそばにいるのだということに、僕たちは安堵します」 – ア・トライブ・コールド・クエスト

多数のアーティストが追悼

クエスト・ラブ、コモンを始め多くのアーティストたちがSNSで追悼のコメントをしている。

Phife forever 1970-2016. 1991 in Sept I went to visit Tariq at Millersville U in the middle of PA (Lancaster). Miles Davis had just passed & I went on a binge to study his post jazz works. Went to Sound Of Market to purchase Nefertiti, In A Silent Way & Live Evil—the only non jazz purchase I made that day ironically was the most jazziest album in that collection: #TheLowEndTheory by @ATCQ. —it was raining that day so somehow the 1…2 punch of "Nefertiti"/"Fall" just had me in a trance that train trip—even though I suspected there was a possibility that Tribe could possibly have made a better album then their debut (the perfect @@@@@ mic Source rating would be on stands in a week so I was right)—but I knew I wanted to save that listening for when I got up to the campus w Riq.—so some 90mins later when I get to his dorm–we ripped that bad boy open (I can't describe the frustration that was CD packaging in 1991, just imagine the anger that environmentalists feel when all that paper packaging in Beats headphone gets wasted—it's like that)—the sign of a true classic is when a life memory is burnt in your head because of the first time you hear a song. —Riq & I had this moment a few times, but the look on our faces when we 1st heard "Buggin Out" was prolly Me & Tariq's greatest "rewind selector!" moment in our friendship. (Back then every MC's goal was to have that "rewind!!!" moment. As in to say something so incredible. Or to catch you by surprise that it makes you go "DAAAAAYUM!!!"& you listen over & over—Malik "Phife" Taylor's verse was such a gauntlet/flag planting moment in hip hop. Every hip hop head was just…stunned HE. CAME. FOR. BLOOD & was taking NO prisoners on this album (or ever again) we just kept looking at the speaker on some disbelief old timey radio Suspense episode. & also at each other "Phife is KILLIN!"–by the time we got to "Scenario" I swear to god THAT was the moment I knew I wanted to make THIS type of music when I grew up–(yeah yeah dad I know: "go to Juilliard or Curtis to make a nice living at "real music") but he didn't know that Phife & his crew already wrote my destiny. I ain't look back since. THANK YOU PHIFE!

Questlove Gomezさん(@questlove)が投稿した写真 –

「本当にクラシックと言えるアルバムかどうかは、最初に聴いた時のことがどれだけ印象に残っているかでわかると思うんだ。タリーク(ブラック・ソート)と俺は何回かそういう経験があるんだが、最初に(『Low End Theory』の)“Buggin’ Out”を聴いたときが、ふたりのなかで最大に“ヤバイ、それ巻き戻して!”ってなった瞬間だと思う。[中略] ファイフことマリーク・テイラーのバースが登場したときは、ヒップホップ史にとって重要な瞬間だった。ヘッズはみんな、このアルバムの彼のラップを聴いて、ビックリしたんだ。信じられない、という表情でスピーカーを見つめたり、お互いを見つめたよ。“ファイフ、ヤバすぎだな!”って。“Scenario”を聴いたとき、俺は将来的にこういう音楽を作りたいって心から思ったんだ」 – クエストラブ

It was my first time in New York City. I was there for the New Music Seminar circa 1990 walking the streets of NYC, this Chicago boy who had only seen NYC through the words of Hip Hop and was overwhelmed to be there. Our second day of the seminar we saw Phife, Jarobi and some of their friends walking in Times Square. I couldn't believe that it was really A Tribe called Quest right there! And that Phife and Jarobi were wearing these backpacks looking so cool – and fresh! The word around the seminar was that they were working on their second albumn. That Album would be Low End Theory, one of the greatest pieces of music ever made and an album that would forever change my life. I remember listening to the Low End for the 1st time at my boy Corey's house down at FAMU, thinking, how could they create something this Great? It was that music that would take you to a place where you couldn't describe to anyone how Great it was and hearing Phife's bars on there was like, damn dude is not playing. It definitely brought into perspective that to be one of the greatest groups of All Time — not just in Hip Hop– each member has to Bring It! Phife Brought It and continued to Bring It. Throughout his career you could feel his love for Hip Hop and emceeing. Well, from one emcee to another, Phife Diiidawg you are a legend and a part of Hip Hop's version of Earth Wind and Fire. Your verses will live on forever and we will uphold your legacy and what you have meant to the culture. "I float like gravity never had a cavity, got more rhymes than the Wayan's ( I never knew if it was Wayans or Winans haha) got family". GOD Bless Your Soul, King. Malik"Phife" Taylor.

Commonさん(@common)が投稿した写真 –

「『Low End Theory』、史上最高のアルバムのひとつであり、俺の人生を変えた1枚。友人の家で『Low End Theory』を始めて聴いたとき、これほどすごいアルバムを彼らはどうやって作ったんだろう?って思ったのを覚えてる。人にこのアルバムがどれだけすごいかを伝えるのが難しいほどの音楽だった。そして、ファイフのラップを聴いた時、この人はハンパない!って思ったね。ヒップホップにかぎらず、素晴らしいグループになるにはメンバーが全員イカしていないとダメだということを教わった。ファイフはイカしていて、その後もずっと最高だった。彼がヒップホップを、そしてラップを愛していたことは、彼のキャリアを通して幾度と無く示してきた。ひとりのMCとして、言わせてもらいたい。ファイフ・ドーグ。あなたはレジェンドであり、ヒップホップ版のアース・ウィンド&ファイアの重要な一部だ。あなたのラップは永遠であり、あなたが文化に貢献したこと、レガシーは絶対に色褪せさせない」 – コモン

タリブ・クウェリは、Billboardのサイトにてファイフ・ドーグに捧げたエッセイを綴っている。

「俺が今ラップをやっている理由は、ネイティブ・タンにある。俺が子供のころ、ヒップホップはニューヨーク・シティの至る所に浸透していて、俺はグラフィティやブレイクダンスに惹かれていたが、ネイティブ・タンには違った形で共感したんだ。彼らが作る音楽はマインド、ボディ、ソウルに響いた。ジャングル・ブラザーズ、デ・ラ・ソウル、そしてア・トライブ・コールド・クエストは、高校の格好良い先輩みたいな、そんな憧れの存在だった。大きくなったら彼らとハングアウトしたいって思ってたんだ。[中略] ファイフ・ドーグは、誠意のかたまりのような人だった。義理がたい男であり、俺たちがヒップホップと呼ぶこのカルチャーのためなら何でもした。ファイフは、俺たちの良い部分を全て持ちあわせたような人だった。[中略] 彼は、俺がこの音楽を愛し、生活の糧にしている理由であり続ける。彼には心から感謝している」 – タリブ・クウェリ

また、ケンドリック・ラマーはオーストラリアのコンサートにて、ファイフ・ドーグ追悼のチャントをしていた。

Rest In Peace Phife Dawg. ご冥福をお祈りします。

phife-a-tribe-called-quest-obit

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>