ラン・ザ・ジュエルズ、ゴーストフェイス・キラーらが参加した、ヒップホップ・ドキュメンタリー『Rubble Kings』のサントラが無料配信

January 13,2016 | Category :  News Release | Tag :  Ghostface Killah, Rubble Kings, run the jewels,

rubblekingsalbum

映画『Rubble Kings』は、60年代後半から70年代なかばまでのニューヨークのギャング・カルチャーと、その激動の時代の混沌からいかにヒップホップというムーヴメントが巻き起こったかを描いたドキュメンタリー。アメリカでは去年映画館やiTunes、Amazonなど各デジタル配信媒体で公開され、話題になった。日本でのリリースは現在も未定である。そんな話題作のサウンドトラックとなるオリジナル・アルバムがリリースされた。サウンド面は全曲、プロデューサー/ミュージシャンのリトル・シャリマーが手がけており、タフなヒップホップから70年代のヘヴィーなファンク・サウンドまでを網羅した内容になっている。参加アーティストにはラン・ザ・ジュエルズ(キラー・マイクとエルP)、ゴーストフェイス・キラー、バンB、エクスクアイア、リトル・シャリマーのファンク・デュオ、キング・モノ、TVオン・ザ・レイディオのトゥンデ・アデビンペらが登場。Mass AppealとAdult Swimの提供となる同アルバムは、こちらから無料でダウンロードが可能になっており、1月下旬には楽曲と映画本編のダウンロードカード付きの2枚組みLP盤も発売される。
 

 
 
また、、『Rubble Kings』の監督、シャン・ニコルソンらがコンパイルしたミックステープも先日公開された。ソウルやファンクからラテン、サイケデリック・ロックまで、当時のニューヨークのギャング・メンバーたちの日常を彩ったサウンドを集めている。
 

“Rubble Kings” The Mixtape by Sammy Needlz on Mixcloud

 
Rubble Kings公式サイト


- AD -
ION MAXLP USBターンテーブル【WEBSHOP】

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>