Jディラ、カニエ・ウエスト、9thワンダーのサンプリングをPCキーボードで再現できるサイトが登場

February 19,2015 | Category :  News | Tag :  9th Wonder, J Dilla, Kanye West,

samplestitch

 

ヒップホップを好んで聴く人であれば、サンプリングという技法についてある程度知っているだろう。しかし実際にトラックメイキングを行った経験がある人でなければ、具体的にどういう風にプロデューサー達がサンプリングをしているのか良く解らない人も多いはず。また、サンプリングで曲作りをしたことがある人でも、Jディラ9thワンダーカニエ・ウエストといったプロデューサーたちのサンプリングの仕方を詳しく知りたい人も多いだろう。そんな好奇心を満たすために作られたサイトが、Sample Stitchである。

過去に「最もボキャブラリーの豊富なラッパー」のチャート(WPJ No.34ではこのチャートの特集を掲載)を作成したことで知られるデザイナー、マット・ダニエルズが作った同サイトでは、プロデューサーたちがどのようにしてビート作りを行っているかを気軽に体験することができる。

 

「ヒップホップ曲を元ネタから再現するということをよくするんだが、毎回やるたびに、プロデューサーの音のチョイスにとても驚かされてきた。

原曲のほんのミリ秒単位の素材を使用して作曲をするという作業を、不思議に思うかもしれない。プロデューサーはこういったほんの一瞬の音素材を何時間もかけて吟味しているんだ。そして、丁度この瞬間の音を使用すると面白いビートになるという特徴点を発見し、曲作りを行っている。

この制作プロセス、そして彼らの才能をもっと多くの人々に理解してもらうため、ネタをチョップし、ビートを作るプロセスを再現してみた。」

 

パソコンのキーボードに既に音素材が振り分けられてあり、正しいキーを正しいタイミングで押すと、ビートが再現できるだけでなく、オリジナルのビートも作ることができる。

 

J Dilla – “Don’t Cry”

The Escorts – “I Can’t Stand To See You Cry”

 

9th Wonder – “Impressknowsoul”

The Impressions – “Sunshine”

 

Kanye West – “Otis”

Otis Redding – “Try A Little Tenderness”

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>