Stones ThrowのPBウルフが、スライ・ストーンの50年代から80年代までの楽曲を集めた、WPJ限定ミックスを制作

February 06,2015 | Category :  News | Tag :  Peanut Butter Wolf, Sly & The Family Stone, Stones Throw,

sly

 

スライ・ストーンを大特集したWax Poetics Japan No.37にて、スライ・ストーンの想い出の曲を紹介してもらう “Memories of Sly” 特集に参加してくれた、Stones Throw設立者にして西海岸アンダーグラウンドを牽引し続ける重要人物、ピーナッツ・バター・ウルフが、この度Wax Poetics Japanのためにスライ&ザ・ファミリー・ストーン・ミックスを制作してくれた。約60分に及ぶ同ミックスは、1952年にスライ少年が兄弟グループ、ザ・スチュアート・フォーの一員として歌った「Walking in Jesus Name」から始まり、あまり知られていないスライ・ストーンの初期作品から60年代、70年代、80年代のスライ&ザ・ファミリー作品までを時系列に繋げており、その合間にはエディットなども挿入し、スライ・ストーンの軌跡を辿る素晴らしい内容になっている。去年のディアンジェロのカムバック作にも多大な影響を与えたファンク・レジェンド、スライ・ストーンはもうすぐ72歳を迎えるが、未だ健在であり、去年末発売されたファンカデリックのニューアルバムにも参加しており、新曲を制作しているとの話も挙がっている。今年は新作が聞けるかもしれない。それまで、このミックスでこれまでのスライ・ストーンの功績を心に刻むこととしよう。

Sly & The Family Stone Mix by Peanut Butter Wolf

Tracklist
1. Walking in Jesus Name (feat The Stewart Four) – 1952
2. Heavenly Angel (feat Viscaynes) -1961
3. Radio Spot -1964
4. Life Of Fortune And Fame (feat Billy Preston)-1964
5. Nerves – 1965
6. Honest – 1966
7. anyway84 (KNX edit)- 2015
8. Undercat – 1967
9. Underdog – 1967
10. Nerves – 1967
11. We Love All – 1968
12. Somebody’s Watching You – 1969
13. Rule The World (feat DJ Harrison) – 2015
14. Family Affair – 1971
15. That’s Pretty Clean – 1971
16. Slighlisly (KNX edit) – 2015
17. Africa Talks to You (The Asphalt Jungle) – 1971
18. Thank You for Talkin’ to Me, Africa – 1971
19. Just Like a Baby – 1971
20. Time – 1971
21. (You Caught Me) Smilin’ – 1971
22. Runnin’ Away – 1971
23. If You Want Me To Stay (demo version) – 1973
24. Can’t Strain My Brain – 1974
25. Heard Ya Missed Me, Well Im Back – 1976
26. Remember Who You – 1979
27. Ha Ha, Hee Hee – 1982
28. Hydraulic Pump (feat George Clinton)- 1983
29. Sylvester – 1982

pbw

Peanut Butter Wolf(ピーナッツ・バター・ウルフ)
カリフォルニア州サンノゼ出身のピーナッツ・バター・ウルフは、90年代前半にラッパー、カリズマ(Charizma)のプロデューサー/DJとして活動を開始。93年にカリズマが逝去してしまうと数年間音楽界を離れるが、1996年にレーベルStones Throwを設立し、カリズマのシングル「My World Premiere」をリリース。以降、ルートパックやマッドリブの諸作、ダッドリー・パーキンス、オー・ノー、Jディラ、ドゥーム、MEDなど数々のヒップホップ・アーティストのシングルやアルバムをリリースし、ヒップホップ・シーンに大きく影響を与えたほか、マッドリブのジャズ・プロジェクトを始め、メイヤー・ホーソーン、ジェームズ・パンツ、デイム・ファンク、アロー・ブラックといったアーティストを輩出し、ソウル/ファンク/エレクトロ/ジャズなど様々なジャンルの作品をリリース。現在Stones Throwはアンダーグラウンドを代表する重要レーベルとして世界中から高い評価を集めている。Stones Throwの運営業務に追われていないときは、DJ/VJとして世界を廻っている。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>