Stones Throwの20周年イベントが開催

March 16,2016 | Category :  Event News | Tag :  Earl Sweatshirt, Egyptian Lover, Knxwledge, Peanut Butter Wolf, Stones Throw,

stones throw - stussy japan 2016 poster with ammendments

唯一無二のインディー・レーベル、Stones Throwが20周年を記念し、東京、名古屋、大阪を廻る。

1996年の設立以来、主宰者ピーナッツ・バター・ウルフの類まれな審美眼で選びぬかれた良質な作品をコンスタントに届けている、LAのレーベル、Stones Throw。ヒップホップを軸に、ファンクやソウル、エレクトロ、サイケなどリリース作のジャンルは多岐に渡り、これまでマッドリブ、メイヤー・ホーソーン、ジェームズ・パンツ、アロー・ブラック、デイム・ファンク、タキシードなど、才能と個性に溢れるアーティストを多数ブレイクさせてきた。そんな、現在最重要レーベルのひとつであるStones Throwが、20thアニバーサリー・イベントを4月29日(金)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて開催する。

出演陣は、Stones Throwの創設者であり、自身もDJ/プロデューサーとして一線で活躍し、近年は”Video DJ”のパイオニアとして活動するピーナッツ・バター・ウルフ、「To Pimp A Butterfly」への参加や、アンダーソン・パックとのユニット、NxWorriesとしても話題を集めているビートメイカー、ノレッジ、元祖エレクトロ・サウンドのパイオニアであり西海岸ヒップホップのレジェンド、エジプシャン・ラバー、そしてオッド・フューチャーの最年少ラッパーとして活躍し、現在ノレッジとのコラボ・アルバムを制作しているアール・スウェットシャツという、なんとも豪華なラインナップ。国内の注目アーティストやDJも揃い、Stones Throwファンにとってはマストな夜になりそうだ。

なお、4月30日(土)には名古屋JB’sにピーナッツ・バター・ウルフとノレッジが、5月3日(水・祝)には大阪CIRCUSにピーナッツ・バター・ウルフとノレッジ、エジプシャン・ラバーが出演する。

STÜSSY presents
Stones Throw 20th Anniversary Festival
-Hella International-

4/29(FRI) at SOUND MUSEUM VISION

  • OPEN22:00
  • ¥4500 DOOR
  • LINE UP
  • Peanut Butter Wolf : Live Video DJ
  • Knxwledge : Beat Live
  • Egyptian Lover : Live + DJ
  • Earl Sweatshirt : Live with Knxwledge
  • MURO
  • DJ Koco a.k.a Shimokita
  • ZEN LA ROCK

VISION Official site

Peanut Butter Wolf/ピーナッツ・バター・ウルフ

peanutbuttertop

今年で20周年を迎える西海岸の最高峰インディー・レーベル、Stones Throw創立者。マルチな感性を武器にマッドリブ、Jディラ、デイム・ファンク、メイヤー・ホーソーン、アロー・ブラックなどを発掘し、世界中のミュージック・フリークを狂喜させてきたアメリカ西海岸を代表するクリエーター/アーティストである。ヒップホップ創世記90年代前半からDJ/プロデューサーとして活動し、レーベルのディレクター/A&Rとしてフレッシュな才能を20年に渡り輩出し続けている。今なお第一線でワールドワイドに活躍しており、近年は音楽と映像を取り入れたライブセット”Video DJ”も注目を集めている。2014年には、レーベルの長編ドキュメンタリー映画もリリースされ、レーベルのアーティストはもちろん、カニエ・ウエストやクエストラブ、コモンらも出演した同作は大きな話題を呼んだ。
http://www.stonesthrow.com/pbwolf

Knxwledge/ノレッジ

Knxwledge Tokyo Show Photo 1_CherryChillWill

LAをベースに活動する次世代ビートメーカー/プロデューサー。Bandcampなどのサイトで500以上ものクオリティの高いビートを発表し、注目を集めている。90年代のヒップホップ・エッセンスを継承したジャジーでソウルフルなトラック、そして90’sサウンドを更に進化させた“絶妙なグルーヴ感”が特徴である。2015年5月には、全編インストのフルアルバム『Hud Dreems』で、Stones Throwからオフィシャルデビューを果たす。同年には、グラミーの「ベスト・ラップ・アルバム」賞を受賞したケンドリック・ラマーの『To Pimp A Butterfly』に収録された「Momma」でトラックが使用され、大きな話題を呼んだ。今年2016年には、現在飛ぶ鳥を落とす勢いのシンガー/ラッパー、アンダーソン・パックとのコラボレーションユニット、ノー・ウォーリーズ(NxWorries)のアルバム・リリースがStones Throwから控えている。また、オッド・フューチャーのラッパー、アール・スウェットシャツとも現在コラボアルバムの制作を進めており、今後の活動が見逃せない。来日ツアーでは、自身の未発表曲などツアー・エクスクルーシブな楽曲も多数披露される予定である。
http://www.stonesthrow.com/knx
https://soundcloud.com/knxwledge

Egyptian Lover/エジプシャン・ラバー

Egyptian Lover with 808 Press Photo

80年代の元祖エレクトロ・サウンドのパイオニアであり、西海岸のヒップホップ・レジェンド、 エジプシャン・ラバー。クラフトワークやプリンス、リック・ジェームス、ザップなどから影響を受けた彼は、アナログ機材や808を使用したエレクトロ・ファンクなサウンドを打ち出し、デトロイトのサイボトロン、ニューヨークのアフリカ・バンバータやマントロニックスなどと同時代に活躍した。1984年のデビュー作「Egypt, Egypt」を皮切りに、DJ/プロデューサー/ラッパーとしてエレクトロや西海岸オールドスクール・ヒップホップ、テクノのアーティストにまで多大な影響を与えてきた。
 現在も勢力的にDJや808を使ったライブ活動を行っており、2009年にはM.I.A.との楽曲制作やツアーサポートなどの活動も行った。2015年末には、9年ぶりとなるニューアルバム『1984』をリリース。2016年4月には、過去のクラシックや未発表音源を集めたアンソロジーアルバムがStones Throwからリリースされる。今回の来日ライブでは、アナログレコード、ドラムマシン、マイクを使用したスペシャルなライブ&DJセットを披露する予定である。
http://www.stonesthrow.com/egyptianlover

Earl Sweatshirt/アール・スウェットシャツ

Earl Sweatshirt press shot 2

タイラー・ザ・クリエイターやフランク・オーシャン、インターネットのメンバーらと共に大きな次世代ヒップホップ・ムーブメントを起こしている西海岸のヒップホップ集団=オッド・フューチャーの最年少ラッパーとして活躍するアール・スウェットシャツ。オッド・フューチャー名義でこれまで2枚のアルバム/ミックステープをリリースし、ソロ活動としては2013年に若干18歳という若さでコロンビア/ソニーとメジャー契約を果たし、これまで2枚のスタジオアルバムをリリース。クルーのメンバーでもあるタイラーやフランク・オーシャンとの楽曲はもちろん、ファレル・ウィリアムス/ネプチューンズ、ウータンクランのRZA、アルケミスト、フライング・ロータスなどとも制作を共にし、デビューアルバムは全米ビルボードでトップ5にチャートインした。ラップのみでなく自身でビートも制作しており、USやヨーロッパでは多くのフェスイベントでヘッドライナーとしても出演している。また、タイラーと共に、20代のストリートファッションのアイコンとしても注目されている。現在、ノレッジとのアルバムを制作中。
http://earlsweatshirt.com/

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>