Dr.DreとJimmy Iovineのドキュメンタリー4部作 The Defiant OnesがNetflixにて配信開始

March 22,2018 | Category :  News | Tag :  Allen Hughes, Dr. Dre, Jimmy Iovine,

the-defiant-ones

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンの関係を追ったドキュメンタリー4部作

現代のカルチャーに様々な驚くべき革命をもたらす中心的な役割を果たしてきた、ドクター・ドレーとジミー・アイオヴァインのドキュメンタリー映画が公開される。本シリーズのインタビューにはドレーやジミーのほか、ボノやデヴィッド・ゲフィン、エミネム、ナズ、スティーヴィー・ニックス、アイス・キューブ、グウェン・ステファニー、ジョン・ランドー、トム・ペティ、トレント・レズナー、スヌープ・ドッグ、ブルース・スプリングスティーン、ディディ、ウィル・アイ・アムといった多くの音楽業界の象徴的人物が登場。ヒップホップを含めたアメリカのミュージックシーンの歴史に興味のある方は必見。

3月23日より、Netflixにて全4話配信開始。

The Defiant Ones

「Menace II Society (ポケットいっぱいの涙)」のアレン・ヒューズ監督が手掛けた「The Defiant Ones」は、異なるバックグラウンドを持ち、ストリートから成功した音楽界の2人のレジェンド、ドクター・ドレーとジミー・アイオヴァインのドキュメンタリー。

ブルックリン生まれのジミー・アイオヴァインは、70年代初頭に出会ったジョン・レノンに刺激を受け、ブルース・スプリングスティーンのブレイクのきっかけとなったアルバム「Born to Run」でエンジニアとして名を上げる。その後、音楽業界で最も注目されるプロデューサーの一人となり、トム・ペティ、スティーヴィー・ニックス、U2、パティ・スミスなどの作品を手掛けた。90年代初めにはInterscope Recordsを共同設立し、ナイン・インチ・ネイルズや2PACといった挑発的なアーティストを生み出す。

一方、西海岸で、コンプトン出身のDr. Dreことアンドレ・ヤングは、ワールド・クラス・レッキン・クルーの一員として、その後は、イージー・イーやアイス・キューブとともに結成したギャングスタ・ラップのパイオニアとされるヒップホップグループN.W.A.で、ワールドクラスのDJとして、自身のスキルに磨きをかける。N.W.A.分裂後、Dr. DreはDeath Row Recordsを立ち上げ、自身初のソロアルバム「The Chronic」を制作したが、ロス暴動によって人種間の不穏な空気が高まり、リリースできなくなる。

しかし、Dr. Dreの音楽の重要性を認識するジミー・アイオヴァインが「The Chronic」をリリースするための手はずを整え、Death Row RecordsをInterscope Recordsの傘下に入れ、Dr. Dreとともに音楽の歴史を変えていく。しかし、Interscope RecordsのDeath Row Recordsとの提携を機に、Interscope Recoredsの親会社であるWarner Bros. Recordsは、政府からの圧力の高まりやギャングスタ・ラップを巡る大論争から、Interscope Recordsとの関係を一切断ち切ることになった。

それでも、Dr. Dreとジミー・アイオヴァインの勢いはとどまることなく、Universal Musicの傘下に入り、ヒップホップを音楽のメインストリームへと躍進させ、Interscope Recordsは音楽業界において強い影響力を持つようになる。その後、ケンドリック・ラマー、エミネム、マドンナ、プッシーキャット・ドールズ、マルーン5、グウェン・ステファニー、ブラック・アイド・ピーズ、レディー・ガガ、セレーナ・ゴメスなどのアーティストによる作品をリリース。

2人の異端児は、成功に甘んじることなく、音楽ハードウェアのベンチャー企業としてBeats by Dr. Dreを立ち上げる。そしてすぐに、同社の代表的なヘッドフォンが大ヒットし、2014年にジミー・アイオヴァインとDr. Dreは30億ドル以上でBeatsをAppleに売却。黒人と白人、東海岸と西海岸、そんな異なるバックグラウンドを持つ2人の異色のパートナーシップは驚異的な成功を収め、Dr. Dreはヒップホップ界初のビリオネアとなった。

アレン・ヒューズは、ジミー・アイオヴァインとDr. Dreのありのままを3年間にわたって撮影し、「ディファイアント・ワンズ:ドレー&ジミー」を製作。Dr. Dreとジミー・アイオヴァインの独占インタビューでは、両氏が自身の栄光と挫折について、率直に話し、加えて、同作品には、スヌープ・ドッグ、ブルース・スプリングスティーン、グウェン・ステファニー、ボノ、デイヴィッド・ゲフィン、エミネム、ナズ、Stevie Nicks、ケンドリック・ラマー、アイス・キューブ、ジョン・ランドウ、パティ・スミス、レディ・ガガ、ダグ・モリス、トム・ペティ、トレント・レズナー、パフ・ダディ、アロンゾ・ウィリアムズ、ウィル・アイ・アムといった有名ミュージシャンのインタビューも収録。また、本シリーズでは、今回初公開となるイージー・イー、ジェイ・ジェイ・ファド、スティーヴィー・ニックス、N.W.A.、トム・ペティ、The D.O.C.、U2らとのレコーディング風景や作曲セッションも数多く収録されている。

The Defiant Ones 制作陣

製作:Silverback 5150 Pictures、Alcon Television Group
エグゼクティブプロデューサー:Allen Hughes、Doug Pray、
Andrew Kosove、Broderick Johnson、Laura Lancaster、
Jerry Longarzo
Michael Lombardo
脚本:Allen Hughes、Lasse Jarvi
Doug Pray
編集:Lasse Jarvi、Doug Pray
音楽:Atticus Ross、Leopold Ross、Claudia Sarne
プロデューサー:Steven Williams
監督:Allen Hughes

DRDRE_BYGARIASKEW_012
Dr.Dre

JIMMYIOVINE_BYGARIASKEW_004
Jimmy Iovine

ALLENHUGHES_BYGARIASKEW_007
Allen Hughes

ALLENHUGHES_DRDRE_BYGARIASKEW_018
Dr.Dre & Allen Hughes

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>