The Fabulous Sounds Outfitter主催、Jazz Festivalをテーマに掲げたMusic × Art × Fashionクロスオーバーイベント

December 12,2018 | Category :  Event News | Tag :  The Fabulous Sounds Outfitter,

main

The Fabulous Sounds Outfittersについて

ディレクター 吉田 量がVintage Jewelry Hunterとして世界中から収集し続けているヴィンテージのジュエリーコレクション。アメリカのインディアン、メキシコのTAXCOジュエリー、アラスカのハイダジュエリー、アフリカの民族ジュエリー、ヴィンテージエルメスなどジャンルは多岐に渡る。The Fabulous Sounds Outfitters独自の現地ディーラーや彫金師とのコネクション、独特の審美眼と知識によってセレクトされたアイテムは国内でも高い評価を得ています。ブラックミュージックに造詣が深く、The Fabulous Sounds Jazz Festivalを主催。

開催日時

12月16日(日) 11:00~20:30
会場:Open Studio Harajuku
住所 : 東京都渋谷区神宮前3-25-15 神宮前テラス6F
入場料 : ¥1,000(2ドリンク)
※イベント当日は混雑が予想されます。入場を制限させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

Music

メインとなるライブアクトはorigami PRODUCTIONSがプロデュース。
国内最高峰の実力を持ち、ブラックミュージックをルーツに持つ同レーベル所属の「Ovall」,「Kan Sano」が出演します。

DJ陣は日本トップFunk DJとして名高い「黒田大介(kickin)」を中心にJazz DJ「中村智昭(MUSICAÄNOSSA / Bar Music)」、ドープなビートミュージックを得意とする「wackchang」の3人が3者3様のプレイで会場を演出します。

会場の音響は、大手オーディオメーカー「JBL」が全て担当し、国内の有力フェス、ライブを手がけるトップエンジニアチームによって、最高の音楽体験をお届け致します。また、イベント当日は、11月下旬に発売される、JBLが1970年代に世界のオーディオファンを魅了したスピーカー「L 100 Century」をモチーフに復刻した「L 100 Classic」の製品発表会もジャズフェス内で行われる予定です。

Art

古賀恒雄 / Photo Exhibition
有名ジャズクラブ「Blue Note Tokyo」のオフィシャルカメラマンである古賀恒雄氏によるフォトエキシビジョン。彼がBlue Noteを始め、国内外で撮影した様々なミュージシャンの臨場感溢れるライブフォトを展示致します。アーティストの息づかいが聞こえてくる様な緊張感溢れる瞬間を切り取った写真は必見です。

Fashion

The Fabulous Sounds Jazz Festivalの為に国内外の有名ブランド、ショップ等が手がける「ジャズフェスグッズ」がFREAK’S STOREとの別注で当日販売されます。

「Engineered Garments」,「hobo」,「JBL」,「offshore」,「The Fabulous Sounds Outfitters」,「WESTOVERALLS」の6ブランドが、デザイン性、アート性の高いジャズフェスのアートワークを彷彿とさせるアイテムを、それぞれの解釈で表現した「Jazz」を感じさせるスペシャルコラボレーションです。ヴィンテージアイテムのブースでは、原宿ストリート界の重要人物、的場氏率いる「offshore」が稀少なヴィンテージバンドTシャツを。

イベントの主催である「The Fabulous Sounds Outfitters」の吉田氏が世界のジャズフェスTシャツを、合わせて100枚を超えるボリュームで用意。また業界では定評のある、The Fabulous Sounds Outifittersのヴィンテージジュエリーも会場に並ぶ予定です。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>