Wax Poetics Japan No.27 Release Party Stevie Wonder Night !!

April 17,2013 | Category :  News | Tag :  


Wax Poetics Japan No.27 Release Party

Stevie Wonder Night !!

5月5日 (日/祝前日)

@microcosmos


Open 24:00~

Door ¥1,500

Wax Poetics Japan No.27のリリースに伴い、渋谷microcosmosにてリリースイベントを開催! 今回のリリース・イベントは4月30日に発売される最新号No.27の表紙であるスティーヴィー・ワンダーをキーに、出演者は全員、スティーヴィーの楽曲をいずれかプレイするという括りの中、レーベルメイトのモータウン作品やスティーヴィー・プロデュース楽曲などを上手く織り交ぜた、黒いグルーヴィーな夜になる。アメリカンドリームを手にしたモータウン社長ベリー・ゴーディーが、音楽業界に産み落としたスーパースターであるスティーヴィー・ワンダー。
この日は、そのスーパースターの珠玉の名曲が贅沢に楽しめる夜になる。

DJ’s

DUCT

Tsu

Kenichi Aono

C-Ken
& Tee


Hickey

Keita Suzuki (PLOT. lv04)

Matsu

Atsuko Satori

Gem

Lisa Furuki




DJ DUCT

一台のターンテーブルとフットペダル、サンプラー、エフェクターに加え、攻撃的なスクラッチを駆使して展開する、 その全くユニークなライブ・スタイルでトーキョー・アンダーグラウンドを席巻する孤高の無頼派。 閃きと経験によって矢継ぎ早に再構築される音像群、そして、圧倒的な
ミックス構成力で魅せる 「ワン・ターンテーブリスト」こと、DJ DUCTの世界をご堪能あれ。自身の主宰するTHINKREC.(シンク・レック)よりバイナル中心に作品をリリース。 現場主義を貫き、その現場感覚が生み出したBACKYARD EDITシリーズは海外からも大きな反響を呼んでいる。2009年に、オランダ、デンハーグで開催されたフェス「TODAYSART 09」に、 国内では Flying Lotus presents brainfeeder in Tokyo やLOW END THEORY JAPAN他に出演。 Jeff Millsと共演したDOMMUNEでは、ワン・ターンテーブル・ライブとして、テクノセットを披露。テクノ・ゴッドを前にしながら、しかもJeff Mills氏の楽曲をワン・ターンテーブル・ライブにて再構築するという快挙は、耳の肥えたテクノ・マニアにも驚愕と絶賛にて迎え入れられた瞬間でもあった。デトロイト・テクノのもうひとつのカリスマ「Underground Resistance」とのコラボレーション
も控えるDJ DUCT。これまで以上に、ジャンルを超えた縦横無尽の活躍が期待できる。



DJ TSU

15歳の時に出会ったニュースクール・ヒップホップに多大な影響を受け、地元宮崎県でDJとしての活動を開始。3年もの間地元でキャリアを積んだ後、更なる活動の場を求めて自らの活動拠点を東京に移す。多岐に渡る地道な活動を経て、現在は「PLEASURE PRODUCTS」主催イベント「PLEASURE」に参加。DJ RYOW a.k.a smooth currentらとともにレジデントDJとして活動している。また今までに、People UnderThe Stairs、Starving Artist Crew, Procussions, Othello, Crown CityRocker, Lone Castalyst,Omniら、世界にその名を馳せるアーティストと共演するなど、若くして日本のアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンに必要不可欠な存在になりつつある。そんなDJTSUの専売特許はトリッキーなレコードの2枚使いと、絶妙な間で入るタイトなスクラッチ。その両者を融合し、オリジナリティを持たせつつ消化したものがDJ TSUの独自のスタイルだ。


microcosmos

東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビル2F
Tel:03-5784-5496

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>