伝説のUKアフロ・ファンク・バンド、サイマンデが約40年ぶりに復帰し、新作を発表

August 19,2015 | Category :  Release | Tag :  Cymande,

cymande1-664x400

 
UKのスピリチュアル・アフロ・ファンク・バンド、サイマンデが約40年ぶりに復活した。
 
サイマンデは、南アメリカのガイアナ出身のスティーブ・スキピオ(ベース/ヴォーカル)と、パトリック・パターソン(ギター/ヴォーカル)のふたりによって、1971年にロンドンで結成されたバンド。ガイアナやジャマイカからの移民を中心としたバンドであり、カリプソ、アフリカン・ミュージック、レゲエ、UKロックなどを混ぜたファンク・サウンドを打ち出し、『Cymande』(1972)、『Second Time Round』(1973)、『Promised Heights』(1974)の3枚のアルバムをJanus Recordsよりリリースした。1981年には『Arrival』がPaul Winley Recordsよりリリースされているが、ライブ・パフォーマンスなどの活動は70年代半ばにすでにストップしていた。
 
80年代後半にはUKのレアグルーヴDJたちに彼らの曲がピックアップされ注目を集めたほか、「Bra」がデ・ラ・ソウルの「Change In Speak」で、「The Message」がマスタ・エースの「Me and The Biz」でサンプリングされるなど、数々のヒップホップ・トラックのネタとなり、新たな息が吹き込まれた。
 
2012年にはオリジナルのコア・メンバーを含む編成で再結成され、ライブ活動の再開、そしてニューアルバムの制作が正式に発表された。そして11月27日には、2011年から行われていたセッションも含む4年の制作期間を経て完成した5枚目のアルバム『A Simple Act of Faith』を Cherry RedよりCDとヴァイナルでリリースする。
 
cymande
 
Tracklist
01 Everybody Turn Rasta
02 Do It (this Time With Feeling)
03 Crazy Game
04 Sea Of Tears
05 All Or Nothing
06 No Weeping
07 God’s Highway
08 A Moment For Reflection
09 A Simple Act Of Faith
10 Everybody’s Doing Alright
 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>