アイランドソウル・コンピ『Pacific Roots』、シリーズ集大成となる第5弾発売

September 02,2015 | Category :  Release | Tag :  Pacific Roots,

ジャケ写長 
アイランドソウル・コンピレーションCD『Pacific Roots』、シリーズ集大成となる第5弾発売

“南の島の風が吹く、極上の音楽体験”をコンセプトに、 多くのリスナーの支持を獲得したアイランドソウル・コンピレーション・シリーズ『Pacific Roots』の第5弾が発売された。

シリーズ通じてiTunesレゲエ・チャートにおいて、4作連続で1位を獲得し、限定リリースしたアナログ盤はプレミア化、さらにフィジー政府観光局の全面協力のもと行われた「Fiji Night / Pacific Roots Night」をはじめ、2年連続で横浜大桟橋にて野外フェス「Pacifi Roots FEST」を開催するなど、夏の決定盤として各地で高い評価を獲得してきた本シリーズ。

集大成としてリリースされる第5弾には「GREENROOM FESTIVAL ’13」での来日も記憶に新しい、オーストラリア出身のBlue King Brownのヴォーカル、ナタリーがジャマイカに拠点を移し現地のアーティストと制作した新曲「Rebel Love」の全世界初CD収録や、「Baby I love you」のヒットで日本でも人気を博するBig Mountainとオセアニア・シーンの旗手的存在であるHouse of Shemがコラボレーションした「Hard Road」、英国女王エリザベス2世やバラク・オバマ米国大統領へ生演奏を披露するなど、名実共にオーストラリアを代表する盲目のシンガー・ソングライターGurummuruとBlue King Brownとのコラボレーション楽曲「Gath Maluwa」など、本作でしか聴くことのできない楽曲が多数収録されている。

同シリーズはニュージーランド・オーストラリア・ハワイなどに代表される、太平洋にルーツを持つアーティストのみを収録し、「心地良くも男気あるラヴァーズ・ソウル」「極上のハーモニーを奏でるオーガニック・ロック」などの特徴を持つ彼らの、特に南国の風を感じられる音源をセレクトしたコンピレーション・アルバムで、 アートワークは、シリーズ全作品のアートワークを担当し、MLB/NBAへのオフィシャル作品提供やリヴァプール・アーセナルへのイラスト提供など、海外からのオファーも絶えない日本を代表するペインターのDragon76。サウンド・プロデューサーとして横浜のセレクター、HOMERUN SOUNDを迎え、今年の夏も全国各地で注目を集めること確実である。

また、8/6(金)~8/8(日)には作品リリースを記念した文化交流音楽フェスト「Pacific Roots FEST 2015」も開催され、昨年同様国内最大級のハワイアン・イベント「AlohaYokohama 2015」とともに入場無料のイベントとして3日間で約20万人動員した。
現在こちらのアフタームービーも動画サイトにて公開されている。
 

 
ジャケ写 
artist : Various Artists
title : Pacific Roots vol.5

release date (CD) : 2015.09.02 (wed)
label : GardenGroveMusic / 株式会社KADOKAWA
cat no. : GDNC-009
price : 1,500yen (+tax)

01. PAUA / Let Them Play
02. Israel Starr / Do For Love
03. Nattali Rize & Notis feat. Zuggu Dan / Rebel Love
04. Majic Paora / Mi Deh Yah
05. Rian Basilio and The Roosters / Everything I Am
06. Tomorrow People / No Rush
07. Sammy J / Sad Story
08. Jayson Norris / Save My Soul feat. Tiki Taane & Cocoa Jackson Lane
09. Bobby Alu / Skippin Stones
10. House of Shem & Big Mountain / Hard Road
11. Tiki Taane / Is our love worth fighting for
12. Saritah / pray
13. GURRUMUL & BLUE KING BROWN / Gathu Mawula Revisited

詳細ページ
 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>