若手ファンク・ベーシストの大林亮三、MUROプロデュースのデビュー7インチを発表

March 12,2015 | Category :  Release | Tag :  MURO, Ryozo Obayashi,

image-0003 
若手ファンク・ベーシストの大林亮三、MUROプロデュースのデビュー7インチを発表

藤沢出身、下北沢在住、現在24歳の若手ファンク・ベーシスト、大林亮三。地元藤沢のほか、下北沢や渋谷を中心に精力的に活動している彼が、4月上旬にデビュー・シングルを発表する。2曲入りの7インチ・シングルである本作は、MUROが全面バックアップ。デモ音源を耳にしたMUROがその音楽性に惚れ込み、自らプロデュースを買って出たという。A面の「Many Troubles In The City」は華やかなアッパー・ファンクで、B面の「EMPTY」はスローでヘビーなロウ・ファンク。どちらも素晴らしいクオリティーを誇っている。詳細は未定ながら、今後海外のヒップホップ・アーティストともコラボする予定もあるらしいので、是非とも大林亮三の動向に注目してほしい。
 
Ryozo Band with the MURO Players

release date : 2015年4月上旬
label : HONG KONG ELEVATORS
cat no. : HKE-006
price : 1,620yen (tax inc.)

45rpm / Clear vinyl
 
SIDE A :
Many Troubles In The City

Produced by MURO
Composed by Ryozo Obayashi
Co-Produced by DJ UPPERCUT
Directed by Yuya Ozawa (GROUNDRIDDIM)
Drums : Hideyuki Osada
Bass : Ryozo Obayashi
Keyboard : MAKO-T
Conga & Percussion : IZPON
Tenor Sax, Baritone Sax & Flute : Kids
Trumpet : Taichiro Kawasaki
Recorded, Mixed & Mastered by YAMARO (GROUNDRIDDIM)

SIDE B :
EMPTY

Produced by Ryozo Band
Composed by Ryozo Obayashi
Drums : Hideyuki Osada
Bass : Ryozo Obayashi
Keyboard : MAKO-T
Recorded, Mixed & Mastered by yasu2000 (big turtle STUDIO)

Cover Photography : Cherry Chill Will (Ryozo in Little Soul Cafe, Shimokitazawa.)
Art Direction & Design : Kazushi Shigano
Executive Producer : Kazushi Shigano (Hong Kong Elevators)

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>