WONK、maco marets、小林うてなに陶酔した夜。 — NEW SWEETIE Vol.4 イベントレポート

September 13,2016 | Category :  Article Report | Tag :  maco marets, NEW SWEETIE, WONK, 小林うてな,

newsweetie4-banner

今、一番見るべき若手を集めたライブ・イベント、『NEW SWEETIE』の第4弾が開催された。

毎回勢いのある若手アーティストをショーケースしているライブ・イベント・シリーズ『NEW SWEETIE』が、9月9日に代々木ANCEで行われた。4回目となる今回は、同イベントの看板アクトとなっている実験的ネオソウル・バンド、WONK、21歳の若きMC、maco marets、そして鬼の右腕の元メンバーであるソロアーティスト、小林うてなが登場。代々木ANCEにはステージがないため出演者と観客の目線は同じであり、至近距離で才能溢れるアーティストたちのクリエイティビティを肌で感じることができた。

ライブの開始前や合間にはDJ KORKがソウル、ファンク、ジャズ、R&Bやヒップホップの名曲を繋げて、来場者を楽しませていた。LIBRARY RECORDSの販売ブースではカセット・テープなどが売られており、バーカウンターではNEW SWEETIEとANCEのスペシャル・コラボカクテルが販売。イベント名に「sweet」という単語が入っているだけあり、コラボカクテルは甘くフルーティーな味であった。

dj1
ns2
ns1
ns3

maco maretsが紡ぐスモーキーな韻律

まず登場したのはmaco marets。もともとbua(ブア)という名義で活動していたラッパーであり、今年に入ってから名義を変更したそうだ。ジャズの心地良い部分を抽出してヒップホップ・ビートに落とし込んだようなメロウ・トラックに、煙草を燻らせるかのように言葉を乗せていく。落ち着いたフロウでしっかりと韻を紡いでいるときもあれば、軽やかに歌うように声を漂わせるときもあるが、終始変わらないのはその心地良さ。秋の日曜日の夕暮れなどに聞いたら、また更なる深みを持ちそう。6月15日にはSmall Circle of Friendsの東里起をプロデューサーに迎えた1stアルバム『Orang.Pendek』をリリースしており、今後の更なる飛躍が期待できそうなMCであった。

maco1
maco2
maco3

会場ではmaco maretsとWONKのアルバムが販売されていたが、偶然にもジャケットの配色がほぼ同じという奇跡が起きていた。

cds

WONKが響かす先鋭のグルーヴ

先日先行リリースされた1stアルバム『Sphere』が各方面から称賛を集め(9月14日に全国流通)、現在大いに話題になっているWONK。彼らを一目見ようと、当イベントに訪れた人も多そうであった。毎回『NEW SWEETIE』に出演しているWONKだが、今回のライブは比較的タイトな内容であり、ソロやインプロの時間もこれまでより少ないという印象。ラッパーの飛び入り参加などもなく、そのかわりしっかりとアルバムの曲を披露することに専念していたようであった。ライブの個人的ハイライトは、ホール&オーツの「I Can’t Go For That」のカバーを披露したとき。原曲は80年代ポップスの名曲だが、ただ曲を再現するのではなく曲のテンポからムードまでWONK流に一新されており、彼らがこの曲をやっていたと気づかなかった人も多かったかもしれない。サビの盛り上がり方がロック的とも言えるアレンジであり、表現力の高さにその場にいた全員が引きこまれていたことだろう。

wonk2
wonk3
wonk4
wonk5
wonk6

小林うてなが導く異界への旅立ち

正直を言うと、最初の印象は良いとは言いがたかった。何やら不穏なトラックを流しながら、呪文のようなラップをする小林うてなは、のっけから異次元の音楽を奏で、観衆を置いてけぼりにしていると感じてしまった。が、1曲目が終わると、それまで暗黒の音景色を描いていた人とは思えない普通の(可愛らしい)声でMCを始め、そのギャップにオーディエンスからドっと笑いが。ときにダークで呪術的、ときに麗美で瞑想的な彼女の世界に、いつの間にかすっかり心が掴まれていた。電子的であり生々しくもある漆黒のトラック、異世界から時空を超えて届いてくるかのような霊妙で神秘的な歌声。シンガー、ラッパー、トラックメイカー、そういったありきたりな肩書では小林うてなは定義できないだろう。彼女はとてつもなく独創的な音楽を全身で体現する音楽家だと感じた。

koba1
koba2
koba3

今回の開催で4回目を迎えた『NEW SWEETIE』だが、ライブアクトの人選はどんどんと予想外で面白いものになっている。刺激的な音楽と出会える場所として、新しい発見のある場所として、今後の動向にも目が離せない。

過去開催のレポートはこちら: NEW SWEETIE vol.3 / NEW SWEETIE vol.1

maco marets TWITTER
https://twitter.com/macomarets
小林うてな HP
http://utena1989.tumblr.com/
WONK HP
http://www.wonk.tokyo/
NEW SWEETIE HP
http://newsweetie.tumblr.com/

Photos by Masanobu Kita

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>