〇行方均さんの『ブルーノート案内』トーク&ライヴ・イヴェント3回開催

Posted by     Masaharu Yoshioka | January 11,2019

〇行方均さんの『ブルーノート案内』トーク&ライヴ・イヴェント3回開催

【Hitoshi Namekata’s Introducing Bluenote Will Be Held At January 19 through March 16】

80周年。

ジャズの名門レーベル、ブルーノート・レコードができて80周年の2019年。ブルーノートについて紹介するイヴェントが、「ミスター・ブルー・ノート」の異名を持つジャズ評論家であり、プロデューサーでもある行方均さんを講師に迎え、銀座ヤマハスタジオで、1月から3回にわたって行われる。

ゲストにピアニストの松永貴志さんを迎え、話と関連した楽曲を実際に演奏する。

行方さんは、東芝EMI時代にブルーノート・レーベルの担当になり、ジャズの制作、編成にあたった。日本発のブルーノートとして、EMI内に「サムシンエルス」というレーベルを発足。ゴンサロ・ルバルカバ、大西順子、ロン・カーター、松永貴志など多数の作品を送り出した。現在もブルーノート関連の書籍を出版、JFN系列FM局で『AOR~ジャズ&ヴォーカル・ナイト』などのラジオ番組でDJも行う。

EMIミュージック・ジャパン最後の代表取締役会長、ユニバーサル・ミュージック副社長を経て、2014年より(株)NAMES所属。

著書に次のような作品がある。

 ・行方均著『ジャズは本棚に在り~ジャズ書と名盤』(シンコーミュージック、2018年11月刊)

http://qq2q.biz/P7rY

・行方均編著『最強のジャズ100年史~名曲・名盤のブルーノート物語』(学研、2016年12月刊)

http://qq2q.biz/P7s1

・行方均監修『ブルーノート・レコード~妥協なき表現の軌跡』(ヤマハミュージックメディア、2014年10月刊) 他多数。

http://qq2q.biz/P7s2

第1回から3回のテーマは次の通り。

● 第1回(1月19日) ブギウギ・ピアノから『バートランドの夜』まで

● 第2回(2月16日)『ブルー・トレイン』とハードバップ黄金時代

● 第3回(3月16日)『処女航海』と新しいジャズの夜明け

ヤマハ音楽倶楽部 Season 1

ブルーノート・レーベル誕生80周年を記念し、

Mr.ブルーノートこと行方均氏を講師に迎え、

ブルーノート80年の歴史の中から、行方氏が

選曲する名曲・名盤鑑賞セミナーと

ブルーノート名曲ライブを開催します。

概要

タイトル:ブルーノート・レーベル誕生80周年 行方均のブルーノート案内

日時:第1回 2019年1月19日(土)

第2回 2月16日(土)

第3回 3月16日(土)

開場 13:30 開演 14:00

会場 ヤマハ銀座スタジオ

〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14

出演・講師 行方均(ジャズ評論家、レコード・プロデューサー)

ゲスト 松永貴志 (ピアニスト)

● 第1回(1月19日) ブギウギ・ピアノから『バートランドの夜』まで

● 第2回(2月16日)『ブルー・トレイン』とハードバップ黄金時代

● 第3回(3月16日)『処女航海』と新しいジャズの夜明け

1 行方 均氏の選曲による名曲・名盤鑑賞セミナー

2 ピアニスト松永貴志氏によるブルーノート名曲ライブ

料金・チケット: 3回セット券:7,500円(税込) 1日券:3,000円(税込)

〈公演についてのお問い合わせ先〉ヤマハ銀座ビルインフォメーション Tel.03-3572-3171(11:00~19:30、第2火曜定休)

〈会場〉ヤマハ銀座スタジオ

チケット・ぴあ Pコード:第1回 135-136/第2回 135-137/第3回 135-138

3回セット 780-303

主催・株式会社ヤマハ

企画制作:株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

ENT>EVENT>Introducing Blue Note

-6900

Share this Article

Like
Tweet
Share