〇 映画『ビールストリートの恋人たち』

Posted by     Masaharu Yoshioka | February 26,2019

〇 映画『ビールストリートの恋人たち』

【Movie “If Beale Street Could Talk” Review】

純愛。

前作『ムーンライト』でアカデミー作品賞を受賞したアフリカン・アメリカン監督バリー・ジェンキンスの最新作。ニーヨーク・ハーレム1970年代初期を舞台にした黒人作家の巨匠、ジェームズ・ボールドウィン原作『ビールストリートに口あらば』(1974年刊)の映画化。22歳と19歳の男女が不条理と戦う超純粋なラヴストーリーだ。日本では2019年2月22日(金)から公開。2月24日(日本時間25日)ロスアンジェルスで発表された91回アカデミー賞で本作出演のレジーナ・キングが助演女優賞を受賞した。

予算約1200万ドル(約13億2千万円)で制作、2018年9月9日、トロント映画祭で初めて公開され、その後2018年12月14日全米公開。現在までに約1720万ドル(約18億9千万円)の興行収入を得ている。

予告編

『ビールストリートの恋人たち』日本版本予告【本年度アカデミー賞 助演女優賞受賞!】

オフィシャル・サイト

https://longride.jp/bealestreet/

原作本・新訳発売

ビールストリートの恋人たち 単行本 – 2019/1/22

ジェイムズ・ボールドウィン (著), 川副智子 (翻訳)

https://goo.gl/3Sd8Mf

~~~

「ビールストリート」。

一般的に「ビールストリート」というとメンフィスにあるストリートを思い浮かべるが、作者のジェームズ・ボールドウィンはこれをニューオーリンズのビールストリートと書き、それを黒人の故郷の象徴として表すという小文を映画の冒頭に出す。

それがこれだ。

+++++

ニューオーリンズの

ビールストリートで―

私の父やルイ・アームストロングや

ジャズが生まれた

ここはアメリカの

すべての黒人の故郷

たとえ どの街であろうと―

ビールストリートは

黒人のレガシーだ

この物語は

可能と不可能を語り―

レガシーの

本質を表現する

ストリートの喧騒は

ドラムのビートを連想させる

~~ジェイムズ・ボールドウィン

+++++

舞台は1972年のニューヨーク・ハーレム。幼馴染の22歳のファニー(ステファン・ジェームズ)と19歳ティッシュ(キキ・レイン)の2人が愛し合うようになりながら、とある事件をきっかけにファニーが冤罪で刑務所に入り、家族がそこから彼を救い出そうとするが、さまざまな不条理が巻き起こるという超純粋なラヴストーリー。

彼女の母親役レジーナ・キングが実にいい味の存在感を見せ、アカデミーを獲得。比較的ゆったりしたペースで物語が進むが、ひょっとして監督は昔の日本人監督の映画など見ているのだろうかと思ったら、小津安二郎のファンだという。舞台設定は70年代初期だが今の時代にもあう。

なんの変哲もない平凡な市井のカップルのラヴストーリーをこれだけの抑揚をつけて描くのだからそれは監督のストーリー・テリングの映像化の実力。やはり原作が圧倒的にいいだけに、出来上がるストーリーもじわじわとくる。

僕は1990年代以降だろうか、音楽にわかりやすいサビがなくなった曲が増えてきたなと感じていたが、映画界にもそうしたニューウェイヴが来たのかとも思った。つまり起承転結やメリハリよりも、淡々とした流れで、映画の色を強調する方法だ。これは、少し原作とエンディングが違うようだが、そうしたエンドロール後も余韻を持たせるというか、考えさせる作品群が多くなってきているような気がした。

主人公の2人も初々しくてよかったが、ちょっとしかでてこない巡査役のエド・スクラインのインパクトはほとんどセリフもないのに、あの顔の表情での語りは見事。

エンディング曲がビリー・プレストンのゴスペル調の「マイ・カントリー・ディス・オブ・ジー」。

エンディング曲「マイ・カントリー~」は、スパイク・リー最新作『ブラック・クランズマン』のエンディングがプリンスのやはりゴスペルの「メリー・ドンチュー・ウィープ」だったことと何か見えない線で繋がっているように思えた。

原題の「もし、ビール・ストリートがしゃべれれば」というのは、主人公が冤罪をかぶせられるのだが、もしその通り(ビール・ストリート)が真実を見ていて、それをしっかり語ってくれれば、冤罪にはならない、という意味だ。

■サウンドトラック

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

posted with amazlet at 19.02.21

ニコラス・ブリテル

ランブリング・レコーズ (2019-02-20)

https://goo.gl/SZ65dv

MOVIE>If Beale Street Could Talk

Share this Article

Like
Tweet
Share